ハッピーマムのイマージョン教育—早期英語体験「プリスクール」

Posted in 未分類 on 2016年6月24日 – 6:08 PM
コメントは受け付けていません。

ハッピーマムのイマージョン教育—早期英語体験「プリスクール」

さまざまな教育プログラムによって、子ども達の体力・発想・マナーなど情操教育に力を入れるハッピーマム。
その中でも、より国際的な感覚を養おうと生まれたのが「プリスクール」です。
義務教育で英語を学び始めるよりも早い段階で英語に触れることで、抵抗感なくより感覚的に楽しく学んで行こうというのがこのカリキュラムの狙いです。
ハッピーマムのこのカリキュラムでは週に一回、専門の外国人講師とバイリンガル講師を招き、音楽や本の朗読を通じて子ども達に英語の魅力を伝えています。
これによって子ども達の英語に対する嫌悪感を防ぎ、興味を持ってもらうことでその後の語学の学習もスムーズになると言われています。
カリキュラムは年齢別に分けられており、乳児、1〜2才児、3〜5才児とそれぞれの年代に応じて少しずつ英語へ触れ合う機会が増えていきます。
英語教育の重要性が説かれる現在、ハッピーマムではいち早くこうした教育を取り入れ、子ども達の今後の学習への備えとして注力しています。

ハッピーマムの多角的保育—情操を育む「教育プログラム」

Posted in 未分類 on 2016年6月24日 – 6:08 PM
コメントは受け付けていません。

ハッピーマムの多角的保育—情操を育む「教育プログラム」

ハッピーマムでは親と子、両面からの育児をサポートしており、そのサービスは多岐に渡ります。
「おやこのえがお」をモットーにさまざまな情操教育が日々実施されています。
遊びを通じて子ども達の心身を健やかに育むハッピーマムでは、成長に重要な時期とされているこのタイミングを逃しません。
子どもの可能性を十分に伸ばすべく、体操教室を通じて運動能力の基礎を作るサポートをしており、それに合わせてリトミックと呼ばれる音楽教育を通じて想像力や集中力などを育む取り組みも行っています。
専門家監修のもとで組まれたプログラムは子ども達にとって負担がなく、のびのび楽しめる内容になっていることも効果を得る上で大きなポイントとなっているようです。
また、生きる上でとても大事な食事ですが、子どもたちに食の重要性やマナーを教える食育にも力を注いでいます。
生活の基盤となる習慣をこうした教育プログラムを通じて継続的に学習してもらうのがハッピーマムの基本方針となっています。

仕事と育児の両立を応援!ハイブリッド保育所「ハッピーマム」

Posted in 未分類 on 2016年6月24日 – 6:08 PM
コメントは受け付けていません。

仕事と育児の両立を応援!ハイブリッド保育所「ハッピーマム」

保育所の不足が叫ばれる昨今、独自のカリキュラムで育児をサポートしているのが東京都の認可を受けた認証保育所である「ハッピーマム」。
都内9か所の保育所で日々育児支援の下、児童達の成長を見守っています。
子どもにはそれぞれのペースや癖があるため、限られた保育士が個別に対応するのは通常難しいものですが、ハッピーマムではベテラン保育士をはじめとして子どもたちの情操教育や心身のケアを徹底して行っています。
こうしたケアは、長年にわたって培われた経験や実績から生み出された園の方針に基づくものなのです。
そうした理由もあって園で過ごす子ども達はのびのびとしており、新しく入園した子達も無理なくその雰囲気に慣れ、打ち解けていくのだとか。
新しい刺激を得て成長していく子ども達の様子を見て、ご両親も驚きとともに大きな喜びを感じていると言います。
みんな笑顔のハッピーマム
ハッピーマムに期待をかけるご両親は多く、今後益々のサービス展開が注目されています。

エクステするなら最先端の技術が集結する池袋で

Posted in 未分類 on 2016年6月14日 – 4:39 PM
コメントは受け付けていません。

エクステするなら最先端の技術が集結する池袋で

仕事で池袋に行った日、髪だけでなくまつ毛のエクステなどもしているオシャレな人が多いと思ったのです。
私はティッシュ配りやチラシ配りの仕事経験があり配る大変さが分かるので渡されるチラシ等は受け取るようにしているのですが、その日に受け取ったチラシの多くは美容室やサロンのものでした。
競合するお店が多いという事は、価格の安さやサービスの提供のみならず本来求められる技術のレベルも自然と高くなるであろうと考えられます。
ましてやオシャレな人が多い街では最先端の技術が求められる事でしょう。
たとえば髪のエクステを付けるにしても、自毛との区別がつかない色や質の材料、また付ける方法を的確に選べる技術と経験が求められます。
せっかく一大決心をしてイメチェンを図るのなら、技術レベルの高いお店に行きたいですよね。
もしもエクステの最先端技術とセンスを持つお店を探す機会があったなら、池袋で探してみると良いお店が見つかるかもしれませんよ。

エクステ?美しい黒髪をなびかせる池袋の女性

Posted in 未分類 on 2016年6月14日 – 4:39 PM
コメントは受け付けていません。

エクステ?美しい黒髪をなびかせる池袋の女性

先日仕事で池袋に行ったのですが、お天気が良かったので近くの公園でお昼ご飯を食べたのです。
たくさんの人がお昼休みを過ごしていましたが、ふと、とても長い黒髪の人に目がとまりました。
エクステかもしれませんが、風になびく真っ直ぐで艶やかな黒髪がとても美しいと思いました。
今では珍しくありませんが、エクステが流行し始めた頃は、昨日までショートヘアだった人が突然髪の毛が伸びた事に驚いて思わず二度見したものです。
子供の頃、私はおかっぱ頭を強いられていたので、流れるような長い髪にとても憧れていました。
クラスに髪の長い友達がいれば、休み時間によく三つ編みをさせてもらったものです。
もしも当時、今のようなエクステ技術があったなら、一日でも良いから長い髪になりたいと親に頼み込んで美容院に連れて行ってもらった事でしょう。
髪は女の命ともいわれますが、女性にとって長い髪は永遠の憧れなのです。
池袋で見かけた女性の髪がエクステかどうかは分かりませんが、今は簡単に憧れのヘアスタイルが手に入る時代なんだなぁと思いました。

池袋で見かけた女性のような黒髪のエクステは平安時代から

池袋で見かけた女性の髪の長さは腰くらいまででしたが、自毛を背丈ほどに延長させる付け髪として、日本では平安時代からエクステは存在していたようですね。
もちろん当時は今のような化学繊維も無く外国からの輸入人毛も無かったため、抜け落ちた髪や切り落とした髪を集めて利用していたようですが、当時、髪の長さや豊かさは美の象徴でもあったのでしょう。
歴史に遺る文学の中でも美しい女性の形容には背丈を覆うばかりの黒髪とか、うっとおしいほどの黒髪などの豊かさを形容する表現が多く使われています。
池袋の美容院でエクステ施術してもらう
今のようにシャワーも無い時代ですから、高貴な女性が髪を洗う日は一日がかりで何人もの侍女が髪の手入れをしたとか。
付け髪が昔からあったのなら、自毛は短くしておいて付け髪だけを手入れすれば簡単だっただろうと思うのですが、そこはやはり時代の違いで女性の髪の毛に対する価値観の重さが今とは全く違ったのでしょうね。
現代の池袋で見かけた女性の髪は自毛なのかエクステなのか、見極める事が出来ないままお昼の時間が終わってしまいました。

自社商品のパンフレットを発送代行してくれる企業を探している

Posted in 未分類 on 2016年6月14日 – 4:38 PM
コメントは受け付けていません。

自社商品のパンフレットを発送代行してくれる企業を探している

私は今、発送代行をしてくれる企業を探しています。
インターネットの普及により、販促ツールは以前よりも幅が広がりました。
昔は、ダイレクトメールやポスティングなどでの販促活動が主流だった時代もありましたが、最近ではそれを使用する企業も減ってきたと聞きます。
ただ、だからといって、ダイレクトメールやポスティングが全く意味のないもの、と言う訳ではありません。
もちろん、どんなものを販促したいかによって、効果があるかないかは別れると思います。
でも、それはインターネットを使用した販促でも同じことが言える訳でして、企業側が売りたい商品のメインターゲットがどこなのかがはっきりした上で、どの販促ツールで一番効果があるかの判断をすればいいだけだと、私は思います。
実は、私達は夫婦で今年の4月に独立起業をしたのですが、その商品を宣伝するべく、自社商品を載せたパンフレットを近隣に方々に届けてもらえる発送代行サービスをしてくれる企業を選んでいるのです。

私達のお弁当を載せたパンフレットの発送代行を依頼する予定

自社のパンフレットの発送代行というと、とてもかっこよく聞こえるかもしれません。
ただ、私達が独立起業したのは、お弁当や総菜のデリバリーサービスの仕事です。
お弁当や総菜のデリバリーサービスと聞けば、近隣住民の皆さんに、ご注文いただくために、商品一覧を載せたパンフレットを配る必要性をご理解頂けると思います。
もちろん、インターネットでのホームページ作成も必要だとは思いますが、まずは一番の顧客となって頂ける可能性の高い近隣住人の方々に知ってもらわなければはじまりません。
そのためにはポスティングが一番だというのはわかっているのですが、今の私にそのポスティングをやる時間がないのです。
今出来ることと言えば、配達にいった帰りに、ポスティングをやりならが戻ってくることくらいなのです。
もちろん、そのような地道な作業も必要なのですが、ここは発送代行を依頼して、一気に広範囲でパンフレットをばらまく作戦を今立てているのです。

なぜ発送代行に依頼するのか

なぜ、自分でポスティングに行かずに発送代行を依頼しなければならないか、という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
独立後間もなく、経費を抑えるためにも、自分で出来ることは自分でやるべきだ、というお叱りの言葉も聞こえてきそうであります。
発送代行にかかる費用を調べる
独立と言っても、従業員は私と妻の二人だけでして、妻が調理を主に担当をしてくれています。
私が主に配達をしているのですが、実は私にはもう一つ仕事がありまして、フリーランスでデザイナーの仕事をしているのです。
ここではあえて、なんのデザイナーの仕事をしているかまでは言及しないでおきますが、私はいわば二足のわらじをはいており、幸いデザイナーとしての仕事も有る程度もらうことが出来ているので、妻の手伝い程度はすることはできるのですが、専念するほどの時間もなく、だからと言ってせっかく始めた妻の仕事を軌道に乗せたいという思いもあり、結果として、商品のパンフレットの発送代行を依頼するという結論に至った訳です。

従姉妹がハワイで海外ウェディング

Posted in 未分類 on 2016年6月7日 – 5:51 PM
コメントは受け付けていません。

従姉妹がハワイで海外ウェディング

従姉妹がハワイで海外ウェディングしたよ。
まずは青い海をバックに、幸せな二人は前撮りで写真撮影。
ウエディングドレスを2回も着ることができて嬉しいサービス。
二人でジャンプはお決まりのポーズ。
ちょっぴり恥ずかしいポーズも、カメラマン以外誰も見ていないし、大胆に決められた。
お姫様抱っこやキスまで撮られちゃったけど、アツアツの二人ならいい思い出になるよね。
挙式の参列者は、ハワイではアロハシャツやムームーを着るのが正式。
参列者の男性は思い思いのアロハシャツを現地で買って、挙式に備える。
集まるのが親戚一同だけなら、気を使うこともなくて楽しい雰囲気で過ごせるよね。
海の上のチャペルで二人の愛を誓って、永遠に結ばれる。
二人の新しい門出を、家族や親戚と、ハワイの海と空気が祝福してくれる。
たとえ雨でも、晴れたら綺麗な虹が出るよ。
今度結婚するときは絶対、私もハワイで海外ウェディングしたいな。
でも結婚式は、二度とない、一生に一度きりのイベントだから、いろいろ慎重に、家族や専門家に相談して決めた方が後悔しないよね。

お土産選びも楽しいハワイで海外ウェディング

海外ウェディングでハワイに行くと決めたら、お土産選びも楽しみの一つ。
定番は、免税店でお得に買うことができるリップやマスカラなどの化粧品。
ブランド物のキーホルダーなど。
現地のスーパーでお得に買うことができる食品の定番は、甘くて美味しいマカダミアナッツチョコレートや塩気があと引くナッツ類、現地でお安くまとめ買いできるコナコーヒーやビーフジャーキーなどです。
ホテル内のお土産物屋さんでじっくり贈る相手を思い浮かべながらハワイならではの品物を選ぶのも楽しいですよ。
現地にいくつか有名店があるハワイアンジュエリーもオススメ!!もしも、買い物は時間がかかるから苦手。
それよりふたりの時間を大切にしたいと思ったら、お土産物はツアーのカタログから選んであとはツアー会社にお任せにして、海外ウェディングの思い出作りをした方がいいかもしれませんね。
誰もお土産なんて期待していないかもしれません。
日本に帰ってから2人の笑顔あふれる写真をちょっと恥ずかしそうに見せながら、ハワイの楽しかったあれこれを聞かせてあげるのがお土産になりますよ。
きっと友人たちも、苗字が変わってちょっと呼びにくくなったあなたを、やっぱり昔のあだ名のままで呼んでしまったりして、昔と変わらないおしゃべりをするのを、楽しみに待っていてくれますよ。
勇気を出して!!

海外ウェディングのお楽しみハワイのホテルでアフタヌーンティー

海外ウェディングのお楽しみはたくさんあるけれど、ハワイの過ごし方で、今一番憧れているのが、2人でゆっくりホテルのアフタヌーンティーを楽しむこと。
アフタヌーンティーは、3段のプレートに、下からサンドイッチ、真ん中にスコーン、一番上にはケーキが並べられるのが定番。
そこに、シェフ独自のアレンジが加わって、オリジナルの楽しいアフタヌーンティーのプレートが現れます。
おいしい紅茶を入れながら、ゆっくりと午後のひとときを、大好きな人とスイーツを味わいながら楽しむ時間はなんとも贅沢。
ホテルの、海の見えるテラス席であればなおさら最高の贅沢なシチュエーションでしょう。
何度もハワイに行っていても、楽しみ方が無限だから、また行きたくなってしまうところがハワイの根強い人気のひとつだと思います。
海外ウェディングはハワイで挙げたい
ホエールウォッチングやシュノーケリングなどのツアーに参加したり、ドライブで美しい夕日を見に行ったり。
海沿いをドライブ中に、眺めの良い美味しいレストランを見つけたりも。
海外ウェディングなら、やっぱりハワイがいいよね。

パンフレットは外注が手っ取り早い!デザインも任せられる

Posted in 未分類 on 2016年5月27日 – 1:33 AM
コメントは受け付けていません。

パンフレットは外注が手っ取り早い!デザインも任せられる

ということで、今年就職を控えた先輩に相談してみることにした。
「デザイン性の高いパンフレット?曖昧だな。
まあ、自分で作ろうと思って作れないことはないと思うけど、何部いるの?」その辺りの細かいことはまだ父とも詰めていない。
というか昨日の今日だから、なんにも話を聞いていないのだ。
「いいけど、私塾って言っても、大の大人が二人もそろって起業するわけだから、それなりの規模だろ?百部や二百部じゃないだろうし、印刷は外注になるよな?」僕がたぶん、と言って頷くと、先輩は少し考えてから。
「俺の先輩にそっち系のwebを主戦場にしてる企業に入った人いるから聞いてみるわ」と言う。
全部を外注ということになると、それなりに費用は掛かるんじゃないだろうか?そう訊くと、先輩は「もう、顧客が集まるめどが立ってる塾で、それなりの規模なら、その先輩に恩売れるじゃん。
就職にも役に立つかもよ?」ということ。
一理ある。
「それにプロだから、素人よりもよほど多くのパンフレットのデザインを手掛けている」とのこと。
ここは先輩の先輩にちょっと話を聞いて貰おう。

父が脱サラして私塾をやるのでパンフレットのデザインを頼まれた

Posted in 未分類 on 2016年5月27日 – 1:33 AM
コメントは受け付けていません。

父が脱サラして私塾をやるのでパンフレットのデザインを頼まれた

「なあ、これからの教育についてどう思う?」いきなり電話をかけて来た父が開口一番、そんことを言った。
そんなことを急に言われても困る。
僕はしがないデザイン系の専門学校に通う学生に過ぎない。
父のように教師として働いているわけでもない。
「お前、パンフレットとかちらしとか作れないのか?」父の言うことはあちこちに跳んで、どうも意図が掴めない。
いったいどうしたというのか?そう問うと、ちょっと間を置いて恐ろしい返事が返って来た。
「実は、仕事を辞めて、塾講師になろうと思う」と。
僕は大層混乱した。
僕はまだデザインの専門学校の一年生だ。
来年の学費は、もちろん父頼みということになる。
お金は?と問うと、「私塾をしばらく運営する程度の貯えはあるから心配は要らないぞ」そうではなくて、僕の学費は?「なんとかなる」と言う。
だいたい、父は教師一筋の人間だ。
それが教育関係とはいえ、いきなり私塾経営に乗り出すのは無茶ではないか?「そんなことよりパンフレットだ。
作ってくれ」そう言って父は一方的に電話を切った。

デザイン性の高いパンフレットと言われても

急にパンフレットと言われても。
僕はプロではなく、デザインもまだ基礎の基礎ぐらいしかわからない。
第一、父は急にどうしたというんだ?その後、母に電話をして今回の事情のあらましを聞いた。
どうやら僕も知っている父の大学時代からの友人で、同じく教育関係、それも長年塾講師を勤めていた人が独立するらしいのだ。
うちとは家族ぐるみで付き合いのあったその人が、先日、実家にやって来て父に共同経営者にならないか、と持ち掛けたらしい。
父の友人は小学校向けの塾講師としての実績と、経営に関してはある程度のノウハウはあるけれど、それ以外の年齢の子供たちの担当はほとんど受け持っていない。
デザイン会社へパンフレット制作を依頼する
独立元からある程度、顧客を斡旋してもらえるらしいのだけど、その中には中学生が多く、中学校教員の父をスカウトして、中学生クラスを担当してもらいたいようなのだ。
「あんた、お父さんに協力して凝ったパンフレットのひとつも作ってやんなさい!」母からもそんなことを言われる。
しかし、デザイン性の高いものと言っても……。

どこでマンホールトイレが手に入るのか

Posted in 未分類 on 2016年5月24日 – 9:33 PM
コメントは受け付けていません。

どこでマンホールトイレが手に入るのか

最近は災害が多くなっているので、その対策のために準備を進める人もたくさんいます。
ですから身近なところにあるお店で、非常食や避難先で便利になるアイテムが売られています。
ホームセンターなどに行くと、マンホールトイレも買うことができるので、早めに買って準備を済ませておきましょう。
後でもいいや、と思っていると、まだ準備していない時に災害に襲われてしまいうこともあります。
その時にもっと早く準備をしていればよかった、と後悔しても遅いので、準備しようと思った時に、すぐホームセンターなどに行って、どれがいいのか吟味してください。
自分で判断できなければ、店員に聞きながら購入するのがおすすめです。
マンホールトイレは大きさもたくさんのバリエーションがあるので、使用する人や人数によって適したサイズがあります。
自分の家族の人数などを店員に伝えると、それにピッタリなマンホールトイレを探してくれるので、気軽に店員に相談してください。