パンフレットは外注が手っ取り早い!デザインも任せられる

Posted in 未分類 on 2016年5月27日 – 1:33 AM
コメントは受け付けていません。

パンフレットは外注が手っ取り早い!デザインも任せられる

ということで、今年就職を控えた先輩に相談してみることにした。
「デザイン性の高いパンフレット?曖昧だな。
まあ、自分で作ろうと思って作れないことはないと思うけど、何部いるの?」その辺りの細かいことはまだ父とも詰めていない。
というか昨日の今日だから、なんにも話を聞いていないのだ。
「いいけど、私塾って言っても、大の大人が二人もそろって起業するわけだから、それなりの規模だろ?百部や二百部じゃないだろうし、印刷は外注になるよな?」僕がたぶん、と言って頷くと、先輩は少し考えてから。
「俺の先輩にそっち系のwebを主戦場にしてる企業に入った人いるから聞いてみるわ」と言う。
全部を外注ということになると、それなりに費用は掛かるんじゃないだろうか?そう訊くと、先輩は「もう、顧客が集まるめどが立ってる塾で、それなりの規模なら、その先輩に恩売れるじゃん。
就職にも役に立つかもよ?」ということ。
一理ある。
「それにプロだから、素人よりもよほど多くのパンフレットのデザインを手掛けている」とのこと。
ここは先輩の先輩にちょっと話を聞いて貰おう。

父が脱サラして私塾をやるのでパンフレットのデザインを頼まれた

Posted in 未分類 on 2016年5月27日 – 1:33 AM
コメントは受け付けていません。

父が脱サラして私塾をやるのでパンフレットのデザインを頼まれた

「なあ、これからの教育についてどう思う?」いきなり電話をかけて来た父が開口一番、そんことを言った。
そんなことを急に言われても困る。
僕はしがないデザイン系の専門学校に通う学生に過ぎない。
父のように教師として働いているわけでもない。
「お前、パンフレットとかちらしとか作れないのか?」父の言うことはあちこちに跳んで、どうも意図が掴めない。
いったいどうしたというのか?そう問うと、ちょっと間を置いて恐ろしい返事が返って来た。
「実は、仕事を辞めて、塾講師になろうと思う」と。
僕は大層混乱した。
僕はまだデザインの専門学校の一年生だ。
来年の学費は、もちろん父頼みということになる。
お金は?と問うと、「私塾をしばらく運営する程度の貯えはあるから心配は要らないぞ」そうではなくて、僕の学費は?「なんとかなる」と言う。
だいたい、父は教師一筋の人間だ。
それが教育関係とはいえ、いきなり私塾経営に乗り出すのは無茶ではないか?「そんなことよりパンフレットだ。
作ってくれ」そう言って父は一方的に電話を切った。

デザイン性の高いパンフレットと言われても

急にパンフレットと言われても。
僕はプロではなく、デザインもまだ基礎の基礎ぐらいしかわからない。
第一、父は急にどうしたというんだ?その後、母に電話をして今回の事情のあらましを聞いた。
どうやら僕も知っている父の大学時代からの友人で、同じく教育関係、それも長年塾講師を勤めていた人が独立するらしいのだ。
うちとは家族ぐるみで付き合いのあったその人が、先日、実家にやって来て父に共同経営者にならないか、と持ち掛けたらしい。
父の友人は小学校向けの塾講師としての実績と、経営に関してはある程度のノウハウはあるけれど、それ以外の年齢の子供たちの担当はほとんど受け持っていない。
デザイン会社へパンフレット制作を依頼する
独立元からある程度、顧客を斡旋してもらえるらしいのだけど、その中には中学生が多く、中学校教員の父をスカウトして、中学生クラスを担当してもらいたいようなのだ。
「あんた、お父さんに協力して凝ったパンフレットのひとつも作ってやんなさい!」母からもそんなことを言われる。
しかし、デザイン性の高いものと言っても……。

どこでマンホールトイレが手に入るのか

Posted in 未分類 on 2016年5月24日 – 9:33 PM
コメントは受け付けていません。

どこでマンホールトイレが手に入るのか

最近は災害が多くなっているので、その対策のために準備を進める人もたくさんいます。
ですから身近なところにあるお店で、非常食や避難先で便利になるアイテムが売られています。
ホームセンターなどに行くと、マンホールトイレも買うことができるので、早めに買って準備を済ませておきましょう。
後でもいいや、と思っていると、まだ準備していない時に災害に襲われてしまいうこともあります。
その時にもっと早く準備をしていればよかった、と後悔しても遅いので、準備しようと思った時に、すぐホームセンターなどに行って、どれがいいのか吟味してください。
自分で判断できなければ、店員に聞きながら購入するのがおすすめです。
マンホールトイレは大きさもたくさんのバリエーションがあるので、使用する人や人数によって適したサイズがあります。
自分の家族の人数などを店員に伝えると、それにピッタリなマンホールトイレを探してくれるので、気軽に店員に相談してください。

マンホールトイレとは何か

Posted in 未分類 on 2016年5月24日 – 9:33 PM
コメントは受け付けていません。

マンホールトイレとは何か

災害が起こった時は、断水などの事態に陥る場合があります。
その場合はトイレが使えなくなることがあるので、その時にマンホールトイレが活躍します。
それがあれば、断水している状態の時でも普段通りトイレができるので、安心できると思います。
人間にとって排泄は必ずしなくてはいけない行為ですし、普段何気なく行っている行動です。
それが急にできなくなると、身体には大きなストレスが負担されてしまいます。
災害時はパニック状態になっていることもあるので、精神状態が落ち着かない人も大勢いるでしょう。
その時にトイレすら満足にできない環境では、さらにストレスが溜まってしまいます。
災害時は、少しでも普段通りの生活が送れるようにするのが、心を落ち着かせる意識を持たなくてはいけません。
そのためにもマンホールトイレを備えていた方がいいと思います。
普段は折りたたんで保管ができるので、準備のために大きなスペースを必要としないこともメリットになります。

着替えもマンホールトイレの中でできる

マンホールトイレはまわりを覆われているタイプがほとんどなので、目隠しにも使えます。
ですから使用用途はトイレだけではなく、着替えの際などにも使えます。
災害時は避難所で生活をすることも考えられますが、特に女性の場合は、着替える時などにまわりの目が気になると思います。
避難所は学校の体育館になることが多いので、カーテンなどで仕切られたスペースは無いと考えた方がいいでしょう。
人目を気にすることがストレスになって、病気になる時もあるので、無理に大勢の中で着替えようと思わないでください。
その時のためにマンホールトイレを備えておくといいでしょう。
誰からも見えないので、安心して着替えを済ませることができます。
マンホールトイレを導入する
トラブルの回避にも繋がるので、マンホールトイレを準備しておいた方が、避難所での生活が少しは楽になります。
災害時は皆の気持ちは不安定になっているので、トラブルが起こりやすいです。
自分から避ける意識を持ちましょう。

従来型と最新型のフライパンの違いを調べてみました

Posted in 未分類 on 2016年5月24日 – 9:32 PM
コメントは受け付けていません。

従来型と最新型のフライパンの違いを調べてみました

私が買ったフライパンは、どうやら最新型と言われているらしいです。
それならば、前まで使っていたものはどういうものだったのかな、と調べていたら驚くべきことがわかりました。
従来のフライパンといえば、テフロン加工、すなわちフッ素樹脂加工が主流でした。
私が使っていたものは、まさにこの加工がされていました。
しかし、このフッ素樹脂加工、最初はつるつるとしてとても使いやすいのですが、長年使っていると火力や塩分によってこのコーティングがはがれてしまい、焦げが付きやすくなってしまうそうです。
しかも、フッ素樹脂加工は近年、体に有害なのではとも言われています。
ちょっと、恐ろしいですね。
しかし、最新型のチタニウム加工のフライパン、私が今使っているものは従来型とは一味違うんです。
チタニウムは体に有害ではないので、健康面に配慮されています。
しかも、底が厚いため蓄熱力が高く、料理に火がよく通るし、さらにはチタニウム加工ははがれにくいので焦げ付きにくく、長期間使うことができるんです。
性能のいいフライパンを買って、本当に良かったと思いました。

フライパンが届いて、料理をしてみました

Posted in 未分類 on 2016年5月24日 – 9:32 PM
コメントは受け付けていません。

フライパンが届いて、料理をしてみました

前回言っていたフライパンが、ようやく届きました。
待ちに待っていたので、ウキウキしながら段ボールを開封してしまいました。
包装紙の中から出てきたのは、見た目はなんてことのない、いたって普通のもの。
これが本当に私の運命のフライパンなのかなと思いつつ、さっそく料理をしてみました。
これを使うと、ほんとうに料理がスームズに作れますね。
やっぱり、フライパンは調理道具の主役だな?と思いつつ、出来上がった野菜炒めを食べてみました。
一口食べた瞬間、これはいままでの野菜炒めとは違うぞ、と思いました。
よく火が通っていて、格別においしかったんです。
底が厚いとやっぱり全然違うんですね。
また、洗い物をするときに思ったんですが、焦げ付きがなかったのでスムーズに済ませられたんです。
前のフライパンの時は、ついた焦げを落とすためにごしごし洗っていて、時間がかかってしまっていたのですが、強くこする必要がなくするっと洗えてしまいました。
本当に、買ってよかったと思っています。

最近フライパンを新しく購入しました

Posted in 未分類 on 2016年5月24日 – 9:32 PM
コメントは受け付けていません。

最近フライパンを新しく購入しました

最近雨が多くて嫌になりますね。
洗濯物は乾きませんし。
雨が多いと気分も沈んで悪いことも起こるようで、この間,私愛用のフライパンの取っ手が取れて壊れてしまったんです。
長いこと使っていたので、とてもショックでした。
しかも、これがひとつないと料理をするのに結構な支障が出てしまって、初めてフライパンのありがたみを感じました。
そこで、今回は長く使える性能のいいものを求めてネットの海をまよっていたわけなのですが、なんと私の運命のフライパンが見つかったんです。
このフライパンは長期間焦げ付きにくいらしく、底が厚いから熱を蓄えてくれるのでしっかりと火が通って料理に最適。
しかも、表面がチタニウムというダイヤモンドでコーティングされているから健康にも配慮されているらしいんです。
料理に使いやすくさらに健康面まで配慮してくれるなんて、完璧じゃないですか。
良いフライパンが欲しい
もう即決で買ってしまい、あとは来るのを待つのみです。
早くこれを使っておいしい料理がつくりたいな。

結婚が決まったので両家の宗派が念仏宗なので本山でします

Posted in 未分類 on 2016年5月24日 – 9:30 PM
コメントは受け付けていません。

結婚が決まったので両家の宗派が念仏宗なので本山でします

私もそろそろ、年頃なのでお母さんからちょっとお出かけしませんかって、何事でしょうね、ちょっと心配になって来ました。
聞くとな?んだって言っちゃいました。
うちの家の宗派は念仏宗なのですが、年頃の娘がいるので本山に行ってお参りをしていろいろな物を買いそろえましょうか。
念仏宗無量寿寺の念佛宗総本山の写真集やいろいろとグッズを買い揃えようかと考えているんだけど、どう思いますかって聞かれたの。
もちろん一緒に行きますって答えたわ。
私が小さい頃からお参りしているので気にしていなかったけれど、だいぶお数珠や経本なんかが汚れてきたし、お母さんが気にするようになったんだって。
私の婚期が遅くならないように、きれいにしなくちゃいけないって、大丈夫ですってもう彼から結婚して下さいと言われているから、心配しないでくださいね。
彼の家も念仏宗なので、これからゆっくり相談していきます。
二人では決められないので、両家のお父さんお母さんとよく話し合っていろいろ決めたいと思っています。

友達に聞いて、念仏宗の事が少し分かりました

Posted in 未分類 on 2016年5月24日 – 9:30 PM
コメントは受け付けていません。

友達に聞いて、念仏宗の事が少し分かりました

私たちは、何のために生まれたのでしょうか。
良く仏教の本に書かれています。
私たちは死んだらいったい、どこに行けるのでしょうか。
真実、ホントのしあわせはいったい何でしょうか。
私は今、念仏宗に興味を持っていろいろと読みふけっています。
友達の学生が私も行った事がないお寺に行ってきたよって。
聞いたら、今度また行くからいっしょに行きませんかって。
行きたいです、私がすごいと思ったことは境内の広さと美しさにビックリしました。
私は彼に聞きましたが、いろんな国の方が日本にお越しですが仏教徒にとって、つまり仏像をお祭りすると言う事は、つまり心を神に捧げるって言う事ですよね。
すばらしいですよね、法華経と唱えることがつまり、私たちみんなが念仏宗を唱えられるわけですよね。
少しだけれど、念仏宗の事が分かりました。
今までいろいろと、宗教の本は読みましたがはっきり言うとまったくもって要領が得られませんでした。
これでスッキリしました。

彼の実家が念仏宗なのでお参りに行ったら不思議と心が落ち着いた

彼の実家の宗派は、私の実家とは違う念仏宗という名前の宗派だそうですが、私はあまりお寺さんの事は分からないので彼に聞いてみました。
結婚したら彼といっしょにお寺さんにお参りしなければ成らないから、念仏宗はどこにあるのか、お寺さんは大きいのかなどを聞いて見ましょう。
彼に話したら、今度いっしょにお寺さんに行こうかって言ってくれました。
本堂に入ると信者さんたちがたくさんいらして、お参りしていました。
私もいっしょになって、お参りしていました。
昔のコマーシャルにもあったけど、手と手を合わせたら不思議と心が落ち着きますよね。
彼といっしょにお参りしていると、昔からいっしょにいるみたいな錯覚が?これからずっといっしょに暮らして行くのが分かるわ。
念仏宗と共に生きる
彼とこれから暮らす生活が、待ち遠しいわ、早くならないかしら。
こんなに気持ちがたかぶったのは、このお寺、念仏宗のお蔭ですね。
彼と二人で一生かけて、拝んで行きたいと思います。

日本の古き良き時代を物語る煙突の存在

Posted in 未分類 on 2016年5月20日 – 9:39 PM
コメントは受け付けていません。

日本の古き良き時代を物語る煙突の存在

一昔前、日本の古き良き時代を想い出してみると、街の風景の中には必ずと言っていいほど煙突がありました。
それも実に様々で、酒造場、いろいろな工場、風呂屋、発電所、蒸気機関車、さらには火葬場もあります。
サンタクロースが子供たちにクリスマスプレゼントを届けるのも、掃除屋さんが掃除をするのも煙突でした。
そもそも煙突は、内部での燃焼で排出されるガスを上昇気流に乗せ、煙として屋外へ出すものです。
それ故に、煙の噴き出す力の強い日や、風の強い日には風下側に煙が流れてゆく事、煙の煤が飛来し洗濯物などを黒ずませてしまう事も少なくありません。
大気汚染、地球温暖化など環境問題が叫ばれる現代では、その存在は次第に肩身の狭いものになってしまいつつあります。
しかしその反面で、古くからの酒造工場やレンガなどの独特の構造、日本の産業の発展の象徴となるものは、貴重な文化遺産として保護される事も多くなっています。
世界文化遺産への関心も高まる現代、煙突の存在意義が注目されています。

近年話題の薪ストーブや暖炉は人力で煙突掃除を

近年、二酸化炭素による地球温暖化を考慮して、従来のガスヒーターなどから、薪ストーブを冬場の暖房機器として取り入れる家庭や職場が増えています。
燃料となるペレットを随時補充し暖をとるストーブですが、自動調節スイッチなどが付いているわけではないので、火の勢いの調節は人力で行います。
そして本体から屋外へ突き出た煙突から排煙されますが、ストーブ本体下部にある深いトレイには、時間の経過と共に大量の灰が溜まってきます。
その際の掃除や灰の廃棄も人力で行わなければなりません。
掃除そして灰の廃棄をしっかり行わないと、煙突からは大量の煤が出てきてしまい、近所迷惑にもなりかねません。
また、昔懐かしい暖炉も同様に煤が発生しますが、金属での二重煙突構造にすると内部が高温で保たれ、排気が良好となった事で熱が余り、暖房効果が得られるようです。
しかしこまめな掃除をしないと効果は得られません。
二酸化炭素を出さない暖房のためには、顔を煤で黒くしながら本体内部や煙突を掃除しなければならないでしょう。

薪ストーブの煙突掃除をしよう

薪ストーブを燃やしていれば、時間の経過と共に必ず煤またはタールが煙突の内面に溜まってゆきます。
このままにしていれば煙がうまく排出されなくなり、そのうち煤に火の粉が飛んで火災が起きる恐れがあります。
掃除をしていれば間違いなく全身煤だらけになりますので、作業用の服装、手袋、長靴、防塵用のゴーグルやマスクは必ず着用しましょう。
そして掃除用ブラシ、ほうき、掃除機などの用具が揃ったら掃除にかかります。
煙突の場所や大きさによってはさらに多くの装備や用具が必要となるでしょう。
まずは煙突の最上部を外し掃除します。
この最上部の掃除が最も肝心で、これを疎かにしていると煙突の横から煙が漏れたり、ストーブ本体から室内へ煙が逆流して来たりする危険があります。
どんな高性能なストーブであってもこの作業は念入りに行わなければなりません。
内部にブラシをあてがい、5回か6回上下させて汚れを落としましょう。
日本には少ない煙突のある住宅
これを繰り返していれば、ストーブの本体に大量の煤が落ちてきます。
この煤を掃除してメンテナンスをすれば、この冬も薪ストーブの温かさを堪能出来るでしょう。