岐阜の家系に伝わる槍の価値を骨董品買取の店で聞いてみたい

Posted in 未分類 on 2015年8月24日 – 5:55 PM
Post a comment

岐阜の家系に伝わる槍の価値を骨董品買取の店で聞いてみたい

テレビでもよくお宝発見!

みたいな番組があるが、実は家にも先祖代々のお宝がある。

それは一本の槍で、先祖が手柄を立てたときに斎藤道三から頂いたという品物だそうだ。

家はずっと岐阜の美濃の家系で先祖が道三の関係者だったりしたのもおそらく間違いないという話だ。

ただ、その槍が本当に道三からもらったものかどうかというのは怪しい気がする。

確かに立派な槍だし城主から頂戴したものと見えなくもない。

でも、普通もらうとすると刀ってイメージがあるし後付けで適当な事を言っているだけのような気もする。

ただ、戦国時代のメインウェポンは実は槍で、刀はあくまでサブウェポンだったって事実があるし槍をもらう可能性もなくはない。

特に鑑定とかはしてもらっていないのではっきりとは分からないが、年代的にはその時代のものらしいそうだ。

一応今は爺さんが持ち主になっていて家宝なので絶対手放さないと言っている。

爺さんの友達からもお宝なら一度骨董品買取の店なんかに見せてみたらどうかなんて言われてきてはいるがそのつもりはないようだ。

岐阜には骨董品買取なんかをしている店も割とあるし、もし将来自分が持ち主になったらどの程度の価値があるかだけ調べてみたいが。


This entry was written by addminz, filed under 未分類.
Bookmark the permalink or follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.