かつらの修理部分は色々

Posted in 未分類 on 2015年11月27日 – 11:09 AM
Post a comment

かつらの修理部分は色々

「かつら」というと昔から馴染みがありますが、それはウィッグとも呼びばれ、特に薄毛などの髪の毛にトラブルが無い人にもオシャレとして利用されます。
値段もピンキリで、安いアクセサリーショップなどで3千円前後で買えたりするものもあれば、何万もするものもあります。
昔から「かつら」と呼ばれるものは、その何万もする方です。
できれば合成髪の毛が含まれたものよりも、100パーセント人毛のものを使用したいですよね。
けれど、人毛が非常に高額なんです。
ですから、一度購入したらずっと使いたいので、その場合、壊れたりしたら修理に出して使う方も多いです。
修理に出す理由を上げると、テープを貼る部分が劣化して貼れなくなったり、止めピンが壊れてしまったり、古くなり毛が縮れてしまったり、色が抜けてしまった、などがあります。
また、買って何度か使ってみたけど自分の髪と色が合わないとゆうことや、髪型が気に入らない、などといった理由もあるようです。

かつら修理代の相場

かつらの修理には色々な理由がありますが、それにより修理代も変わります。
ネットの張り替えやテープ付け直しなどは、1000円くらいからありますし、髪の色などを変えたいとか、髪の毛がとれてきたり縮れてきたりしたら、修理代も高くなります。
全て人毛のかつらになると、安くても2?3万はします。
しかし、人毛かつらを新品で購入すると10万はするので、気に入っているもの、慣れ親しんできたものをまたキレイな状態で再利用できるならば、修理に出す方が良いですよね。
最近では、一律いくら、といった形でやっている業者もあるようです。
ちょっとした部分だと一律で高くつく場合はありますが、増毛や色など大掛かりになる部分ならば、一律でやっているところがお得かもしれません。

会社によりそういった価格やサービスも違うので、検索し、ご自分のかつらで直したい部分にあった料金やサービスが受けられるところを探して、よく比較してみると良いでしょう。
決して安いものではないので。


This entry was written by addminz, filed under 未分類.
Bookmark the permalink or follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.