引っ越しするなら仲介手数料無料の不動産屋が良いでしょう

Posted in 未分類 on 2016年2月29日 – 11:27 PM
Post a comment

引っ越しするなら仲介手数料無料の不動産屋が良いでしょう

最近、ちょっと引っ越しを考えている。
現在の部屋はワンルームマンションなのだけれど、なにぶん駅から遠いのだ。
仕事帰りに延々と歩くのはちょっとしんどいし、休日に駅前にしかないスーパーまで買い物に行くのも非常に面倒くさい。
もう少し家賃が高くなってもいいから利便性の良い部屋に引っ越してみようか。
じゃあ、部屋でも探すか、とネットで不動産情報を見てみたり、埼玉で大手の賃貸の営業をしてる友人なんかにお伺いを立ててみることにした。
まずネット上で踊っている仲介手数料無料の文字に大いに興味をそそられる。
引っ越しにだってお金はかかる。
さすがに一人暮らしとはいえ、家電もあるし荷物もそれなり。
引っ越し業者を頼まない手は無いだろう。
それならもろもろの経費を出来る限りお安く済ませたいのは人情だろう。
さて、仲介手数料無料。
魅力的な言葉だ。
しかしながら賃貸マンションの不動産屋さんが仲介料で給与を得ていることは、以前、件の友人から聞いたことがある。
では、仲介手数料無料の不動産屋さんはどのように利益を得ているのか。

友人に聞いてみた仲介手数料無料の不動産の仕組み

その友人は言った「大家さんと管理会社からお金を貰ってるから問題は無いのさ」と。
説明が簡潔過ぎて意味が不明瞭だ。
そこでもう少し詳しく説明してもらうことにした。
友人によれば、不動産業者にも種別があるらしく、物件の管理・維持などを行う業者を管理会社というらしい。
その管理会社は大家業を兼務することもあるらしく、自らの所有物件への入居者の斡旋を行ったりすることもあるらしい。
いわば一般的な街の不動産屋さんだ。
友人の勤める会社は大手の管理会社と提携を結んでおり、その会社の所有物件を紹介すると報奨金などが出たりするという。
また一般的に不動産仲介業者は大家さんから一定の手数料を得ているという。
「いわば広告料というやつだ」と友人は言った。
つまり、仲介手数料無料が実現する為には、広告料として大家さんから受け取るお金の存在があるらしい。
また、友人の勤める大手不動産仲介業者は、管理している所有物件もある為、そこに入居者を斡旋することは直接的に利益になるそうだ。
仲介手数料無料の仕組みはどうもそんなふうになっているらしい。

仲介手数料無料の不動産屋さんも大変でもない

ようは得られるべきお金を削って物件を斡旋してるわけだから大変だね、みたいなことを言ったら、友人は「こちとら固定給に物件紹介のインセンティブが付いてくるから、ウハウハ」と爆笑していた。
ようは大家さんから心づけ的なものや、提携管理会社の物件を紹介した個人には報奨金がその都度個別に出たりするらしい。
こちらとしては「あ、そう」という感じだ。
まあ、それはともかく友人に「じゃあ、仲介手数料無料で物件探して」と頼んだら「ノー」と言われた。
大手なのでできなくは無いけど、知人に物件を紹介して問題があった時にめんどうだからと言われる始末。
私、信用無い。
まあ、とにかく実地に地域密着型の不動産屋さんを探してみることをお勧めされた。
大手は色々と手が回らないことも多いらしい。
「まあ結局、住めば都って言うじゃん」とはその不動産屋勤務友人談。
まあ、確かに駅から遠いとはいえ今の部屋にもそれなりに長く住んでいる。
仲介手数料無料で不動産を購入する
しかし、引っ越しを考えた以上、なんとしても仲介手数料無料の不動産屋さんにお願いしたいところではある。
とりあえずまずは、その友人からの信頼をもう少し積むべきだと痛切に思う今日この頃ではある。


This entry was written by addminz, filed under 未分類.
Bookmark the permalink or follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.