念仏宗をはじめとする宗教

Posted in 未分類 on 2016年2月18日 – 10:59 AM
Post a comment

念仏宗をはじめとする宗教

宗教というものに関して全く無知である私。
それでもこんな私が今回「念仏宗」に興味を持ったのは、私がよく知る友人の生活がすごく豊かになったからです。
生活が豊かになった、というのは、お金に余裕ができて裕福な暮らしをしているということではなく、気持ちがおおらかになり日々を楽しく生活できているということです。
私は今まで念仏宗をはじめとする宗教にほとんど触れてきませんでしたし、興味すら持ちませんでしたが、気になって調べてみることにしました。
歴史の勉強をするとき、仏教の一派として日蓮宗や法華宗などの言葉を勉強しましたが、なにひとつ頭に入れることができませんでした。
おそらく、全く興味がなかったからでしょう。
宗教は人を幸せにする、という漠然としたイメージがなく、周りにそういう宗教に入っている友人もいなかったため、馴染みがなかったのです。
念仏宗というのは一体どんなものなのか。
早速、そのキーワードで検索してみました。

念仏宗という宗教について

調べてみると念仏宗とは、天竺(インド)を起源とする仏教文化で、唐土(中国)・百済(韓国)・大和の国(日本) 三国伝来の仏教文化として結集した宗教だそうです。
百済、唐土など、たしかに歴史の勉強で聞いたようなワードがいくつか見受けられました。
私がびっくりしたのが天竺がインドを指すということです。
そして、そのことに関して初めて知るという自分にもびっくりです。
一体、今までどれほど歴史の勉強をサボっていたのだろう。
総本山である「佛教之王堂」を起点として北海道から九州まで、念仏宗の施設が日本全国にあるようです。
主な活動は説法聴聞、輪読会、子供輪読会、日曜学校、林間学校、社会福祉活動など。
私の友人は念仏宗を通してこれらの事業をこなしていたということになります。
かろうじて林間学校という言葉は聞いたことはありますが、一体どんなことをするのかまでは想像つきません。
もう少し、踏み込んで調べてみる必要があるようです。


This entry was written by addminz, filed under 未分類.
Bookmark the permalink or follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.