新卒でビジネスマナー研修を体験する

Posted in 未分類 on 2016年3月18日 – 2:29 PM
Post a comment

新卒でビジネスマナー研修を体験する

大学を卒業して、とある金融機関の営業部に配属されました。
営業ということもあり、接客の仕方を学ぶため、ビジネスマナー研修に参加するように指示されました。
電話のきちんとした対応や、名刺交換など、社外の人と接する時のためのマナーを教えてもらいました。
講師の人は、ただ聞き流すような大学の講義のようではなく、おもしろい実体験などを話に織り交ぜて、楽しくおもしろく、そして大切なことは強調して教えてくださりました。
電話の受け答えや話し方は、職場に戻ってすぐに実践できました。
隣の席にいた先輩が、丁寧な言い方だねと言ってくださり、さすがビジネスマナー研修を受けた甲斐があると誉められました。
内勤のため、名刺の交換の機会は中々来ず、他に研修の成果を出せる機会がいつあるのかと思っていたら、次の日にその機会が訪れました。
お客様が、応接室にいらっしゃり、お茶を出すことになりました。
お茶を出す順番は上座から下座などの順番や、片手で持つ持ち方など、緊張で手がぷるぷる震えてしまいましたが、何とかこなすことができました。

大人数での名刺交換でビジネスマナー研修の成果を出す

営業事務の仕事にも慣れ、電話の応対もこなせるようになってきました。
大手の営業先から、担当の金融機関の担当者を集めて、親睦会がしたいという話があり、上司と営業担当の男性と事務担当の私の3人で、出かけることになりました。
大きな会議場に着くと、軽食と飲み物が用意されていました。
食事も気になるところですが、ビジネスマナー研修で学んだ名刺入れと名刺を多目にもって出かけましたが、予想よりもすごい人数で驚きました。
まずは、大手の金融機関の担当者に挨拶、上司から順に名刺交換をして行きました。
相手の名刺と交換して、挨拶をすると、名刺入れへということを、何度も行い、ふと気が付くと、名刺の在庫が切れていました。
こんなことなら、全部持って来ればよかったと思いましたが、名刺を切らして申し訳ないですが言葉を添えて、相手の名刺を大切に頂きました。
たくさんの人の顔が覚えられなくて、大変でしたが、今までの人生で一番たくさんの名刺交換と挨拶をしました。
ビジネスマナー研修で、名刺交換の仕方を学んでおいてよかったです。

クレーム対応こそビジネスマナー研修で学んで実践できること

事務の仕事をはじめて半年経ち、仕事の流れやお客様の来客の対応など慣れてきました。
ある日、電話に出ると、お客様からの電話で、商品に内容について詳しく説明を問われました。
いい加減なことを言うといけないと、折り返しの電話をしたい旨話しましたが、すぐに返答するように言われて困ってしまいました。

その時に、ビジネスマナー研修で学んだ、言葉遣いを思い出し、自分はまだ未熟で、間違いがあると困るので、内容を確認してから折り返し電話をしたい旨を丁寧に話したことで、納得して頂けました。
年配の男性のお客様で、電話を受けた際には、最初は怒り口調で言葉遣いも厳しく、恐怖感を覚えましたが、丁寧に対応することで納得していただけたのはビジネスマナー研修の教えのおかげです。
その後は、担当男性社員に話を説明し、男性社員からすぐに連絡をしてもらえることになり、安心しました。
お客さまは、疑問や不満に思ったことを聞いてくる場合は、怯えた態度ではなく、堂々とした態度で接することが大切だと研修で教えてもらったので、今後もいろんなケースで使用してみようと思います。


This entry was written by addminz, filed under 未分類.
Bookmark the permalink or follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.