集水井の方法を勉強しよう

Posted in 未分類 on 2016年3月4日 – 8:32 PM
Post a comment

集水井の方法を勉強しよう

集水井の細かい方法は、最初に地すべりが起こりそうな部分に、直径が3.5メートルぐらいの大きさになるよう、井戸を掘り進めていきます。
それが完成したら、ボーリングなどを利用して、地下水を一か所に集めた後で、地すべりの危険性が無いところに排出する工事になります。
集水井を行うことで、その場所が地すべりを引き起こす危険性を減らすことができます。
もしもその近辺に住宅がたくさんあれば、災害が起こった時に地すべりに巻き込まれるなどの大きな被害が生まれてしまいます。
そのような災害はいつ起こるのか、人間に判断することができません。
ですからいつ起こってもいいように、早めの対策がおすすめです。
もちろんそのような災害が起こらないのが一番いいですが、人間は自然の力に勝てませんので、災害の対策をするという手段でしか立ち向かうことができません。
予防しておけば安全性も高まります。
地すべりにビクビクと怯えて生活するのは、心にもよくありません。

材料を選んでから集水井を行う

もちろん専用の機械を使って作業が進められていきますし、その時には他にもいくつか材料が必要になります。
それは鋼でできたライナープレート、または鉄筋コンクリートのセグメントが主に使われることが多いです。
その地盤の状態によっても材料は変わります。
適しているものでないと完璧な集水井ができなくなるので、地すべりの危険性を完全に取り除くことができなくなります。
ですから集水井を行う時は、いきなり穴を掘ったりはしません。
まずはその土地の調査からスタートします。
どのような特徴を持っているのか調べてから、ふさわしい機械や材料が選ばれます。
企業の方はどのような状態の土には、何が適しているのかしっかりと分かっています。

ですから任せれば問題無く工事が進められていくでしょう。
しかし土の状態によっては判断が難しくなることも考えられるので、その際は工事に入るまで、通常よりも時間が長くかかることもあります。
それも理解しておきましょう。


This entry was written by addminz, filed under 未分類.
Bookmark the permalink or follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.