中野のマンションの粗大ごみ

Posted in 未分類 on 2016年4月9日 – 1:30 AM
Post a comment

中野のマンションの粗大ごみ

私の姉は中野区中野のマンションでひとり暮らしをしています。
来春に結婚が決まったので部屋を引き上げることになりました。
仕事で忙しい姉に代わって只今失業中で時間をもてあましている私が親にたのまれて部屋の片付けを引き受けることになり、とりあえずは、家電・家具類全て処分するということでベッド、テーブル、ソファー、クローゼット、パイプハンガー、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、電子レンジ、等結構たくさんあって業者に見積もりしてもらったけど、知らなかったけどそういうのって年式やメーカーに色々と制限があって買取してもらえたのはごく数点。
残りは粗大ごみに出してくださいなんて言われてなんとか手元に入ったのはたったの千二百五十円でした。
買うときは高いけど売るとなるとこんなものなのかとあきれてしまいました。
残ったものは粗大ごみとして処分することになるけど、欲しい人がいたら使ってもらいたいと思って数人に声を掛けてみても、いまのところ持っているからいらないって返事。
マンション明け渡しの期限もあるのでやっぱり粗大ごみの業者に処分をたのむしかなさそう。

中野の実家を整理、粗大ごみ処分

きのうの夜、中野の実家でひとり暮らしている母親から連絡がありました。
四年前に申し込んでいた老人用の施設にやっと入れることになったので家の片付けをしたいから今度の休みに夫と二人で来て欲しいとのこと。
父親が亡くなってはや十一年が過ぎようとしている今、母ももう今年で七十六歳。
毎日ウォーキング仲間と歩いたり健康管理には充分気をつけていて、食事も自然食品の天然シオとか使って、できるだけ無農薬で添加物のない食品をとるようにして自分のことは全て自分でやっていたけど三ヶ月前に家の玄関の前で転んでからは少し腰をかばうように体をかがめて歩くようになってしまって、大丈夫かなって心配していた所。
これからはヘルパーさんに助けてもらえるので一安心しました。
やさしい両親には申し訳なく思っているけど一人娘の私は長男の家に嫁いでしまっているので母親を引き取っては暮らせない。
これから少しの間は休みの日には思い出の詰まった中野の家を整理して処分します。
以前から覚悟はしていたけどいよいよその時が来た。
今はゴミを出すのにもお金のかかる時代で忙しい主人は粗大ごみ業者にすべて任すように言うけど、家具類は数件の業者に連絡して買取ってもらえるものもあるかも知れないし一応見てもらって、できるだけ粗大ごみ扱いされないようにきれいに掃除しておこうと思います。

中野のマンションの粗大ごみを出さないと

来年の春には大学を卒業して神戸の親元に帰るつもり。
四年前に母親と大学近くのアパートをさがして予算が合うのがなかなか見つからなくてやっとあったのが大学から少し離れた古い中野のマンション。
でも外観は洋風でチョット素敵だったので即決。
近くのコンビニバイトもすぐに決まって初めての一人暮らしは快適そのものでスタート。
親に縛られない自由を満喫。
ゼミの友達が遊びに来て泊まっては一緒に課題して好きなレンタルDVD観て、明け方まで飲んで食べて話して、いつまでもここに住んでいたいと思ったけど神戸のアパレル会社に就職も内定したので引き上げることにしました。
東京で仕事を探したいって言ったら親の猛反対にあい、やむなく断念した。
東京は文化の中心地。
迫力ある劇団公演ももう見られないかと思うと残念だけど仕方ない。
中野で粗大ごみを出すには
大学生活を過ごせて思い出作れただけでもしあわせかも。
この冬休みには部屋の片付けをほぼ済まして帰るつもり。
中古で買った冷蔵庫やテレビや洗濯機は持って帰れないので粗大ごみに出そうと思うけど、中野で粗大ごみを出したことが無いのでネットで業者をさがしてみたら明日見積もりに来てくれる。


This entry was written by addminz, filed under 未分類.
Bookmark the permalink or follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.