従来型と最新型のフライパンの違いを調べてみました

Posted in 未分類 on 2016年5月24日 – 9:32 PM
Post a comment

従来型と最新型のフライパンの違いを調べてみました

私が買ったフライパンは、どうやら最新型と言われているらしいです。
それならば、前まで使っていたものはどういうものだったのかな、と調べていたら驚くべきことがわかりました。
従来のフライパンといえば、テフロン加工、すなわちフッ素樹脂加工が主流でした。
私が使っていたものは、まさにこの加工がされていました。
しかし、このフッ素樹脂加工、最初はつるつるとしてとても使いやすいのですが、長年使っていると火力や塩分によってこのコーティングがはがれてしまい、焦げが付きやすくなってしまうそうです。
しかも、フッ素樹脂加工は近年、体に有害なのではとも言われています。
ちょっと、恐ろしいですね。
しかし、最新型のチタニウム加工のフライパン、私が今使っているものは従来型とは一味違うんです。
チタニウムは体に有害ではないので、健康面に配慮されています。
しかも、底が厚いため蓄熱力が高く、料理に火がよく通るし、さらにはチタニウム加工ははがれにくいので焦げ付きにくく、長期間使うことができるんです。
性能のいいフライパンを買って、本当に良かったと思いました。


This entry was written by addminz, filed under 未分類.
Bookmark the permalink or follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.