叔父が働いているハンナンの簡単な紹介

Posted in 未分類 on 2016年8月22日 – 10:51 PM
Post a comment

叔父が働いているハンナンの簡単な紹介

僕の叔父が勤務しているハンナンが、どのような会社なのか簡単にまとめてみました。
この会社は、国内だけでなく海外にもグループ会社がある総合食肉企業です。
本社は大阪市にあり、東京には支社を構えています。
コンプライアンスや工場など、いくつかの武部署に分かれて業務を行っています。
1947年に創業した会社で、半世紀以上にわたって食肉に関係する業務を行っている会社です。
叔父に聞いたのですが、まだこのような会社が珍しい時代に創業しています。
ハンナンは、加工食品だけでなく原料となる食肉を取り扱っています。
国内の牛肉や豚肉を中心に、アメリカから牛肉を輸入する業務を行っています。
国内の牛肉や豚肉は、社員が選んだ複数の産地から、厳選したものを取り扱うようにしているようです。
これらの産地を選ぶ際に会社が注意をしている事は、安全でおいしい事です。
安全でおいしいお肉や加工品を消費者に提供するのが、ハンナンの主な業務内容です。

産地を選んでいるハンナンの会社方針

大阪に本社があるハンナンは、国内はもちろんですがアメリカなどからも牛肉や豚肉を仕入れています。
僕の叔父は主に商品管理に関係する部署で働いているのですが、使用する食肉に関してかなり厳しい基準があるようです。
ホルモン剤や抗生物質を使用しない、自然な餌を食べてそだった牛や豚を使用しています。
お肉や加工食品が好きな僕にとって、このような商品は魅力的ですね。
叔父がたまにお土産でくれるのですが、いつも楽しみにしています。
国内の産地も、一つの産地にこだわらずに、良い原料の食肉を集めています。
牛肉は北海道を中心に、九州やめずらしい大阪のものも取り扱っています。
本社から近い産地のものもあるのは、地元に対する愛情が感じられて良いですね。
それぞれの産地は、与える飼料や肉質に注意をして、大切に家畜を飼育しています。
このように、ハンナンは一つの産地に頼らずに、いくつかの産地から安心して食べられる材料を仕入れています。

会社の方針と、ハンナンの部署ごとの仕事内容

会社がどのような方針で仕事をしているか、ハンナンで勤務している叔父に話を聞きました。
この会社は、大きく分けて主に5つの偉業部に分かれています。
国産事業本や加工事業本部の他に、販売事業本部と海外事業本部そして管理本部があります。
これらの事業部の上に、コンプライアンスに関係する組織や取締役会などがあります。
この会社は、始めは肉屋だったのですが、今ではグループを組織している大きなグループです。
国内の会社や工場以外に、牛肉の飼育に適したオーストラリアやアメリカにグループ会社がありますね。
それぞれ専門の社員が業務を行っており、安全な商品を消費者に提供しています。
僕の叔父によると、かなり厳しい基準で商品を出荷しているようです。
ハンナンで働きたいと感じたら
最近は何かと食に関係するニュースが多いので、より慎重に商品チェックをしてから、商品を出荷しているそうです。
ハンナンは、かなり大きな組織なので、それぞれの部署が責任をもって仕事を分担しています。


This entry was written by addminz, filed under 未分類.
Bookmark the permalink or follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.