困難な刺青除去手術の中で注目される皮膚切除法

Posted in 未分類 on 2016年9月27日 – 5:23 PM
Post a comment

困難な刺青除去手術の中で注目される皮膚切除法

刺青除去の手術を行う多くの医院の中には、レーザー治療を行わず、皮膚切除法という施術を行う医院があります。
まずは診察とカウンセリングでどのような刺青であるのかを確認し、施術、縫合、患部のテーピング、抜糸というのが大まかな順序ですが、レーザー治療でよい結果が得られずにこの医院へ来たという人々が多いようです。
また、このまま刺青を入れていては、結婚したくても相手の親に嫌われる、就職活動に支障が出る、生命保険の加入を断られるなどの理由で駆け込んで来る方も多いと聞きます。
ただ、やはりここでも、刺青除去には何度にもわたる手術と長い時間や費用がかかる事を心しなければなりません。
さらにカウンセリングの際に、治療にかかる見積もりを提示し、他の医院と比較してから決定するという事を奨めています。
3回から4回、皮膚切除を行うごとに刺青は薄くなり、その都度傷が広がらないようテープを貼り、術後の痛々しい赤い傷跡も次第に白くなってきます。
現在、最も適切な刺青除去手術と呼べるでしょう。


This entry was written by addminz, filed under 未分類.
Bookmark the permalink or follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.