こんなこともあるのか?猫が遭遇したピンチ、その時村上豊彦は!

Posted in 未分類 on 2016年9月15日 – 1:56 PM
Post a comment

こんなこともあるのか?猫が遭遇したピンチ、その時村上豊彦は!

猫がまだ幼かったころ、自分で上った木から降りられなくなったという間抜けな失態をおかしたことがあります。
村上豊彦的にはこういう時どうしたらいいのか困ってしまいました。
降りられなくてミャーミャーうるさいし、運悪く上った木の上にカラスの巣があってカラスがカーカーうるさいし、大変な目にあいました。
結局は私が木を登って猫を抱いて降りました。
猫というのは基本的に後ずさりというものをしません。
あくまでも前進です。
ですから、木を登っても飛び降りるだけです。
お尻から先に降りるということができないのです。
また、頭に大きな傷を負って家に帰ってきたときもあります。
きっとほかの猫とけんかして爪でひっかかれたのでしょう。
さすがにいつもの元気な姿はどこにもなく、何日間も、エサも全く食べず、動かずにじっとしていました。
動物病院にでも連れて行こうかと思いましたが。
数日たつとケロッとして治ってしまいましたので取り越し苦労だったようです。
この時も村上豊彦としてはどうしたものか、かなり心配をいたしました。
それにしても自然治癒力というのは素晴らしいですね。


This entry was written by addminz, filed under 未分類.
Bookmark the permalink or follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.