コーヒーマシンに修理はつきもの?

Posted in 未分類 on 2016年11月22日 – 12:40 PM
Post a comment

コーヒーマシンに修理はつきもの?

オフィスだけでなく、最近では家庭でもコーヒーマシンを導入するケースが増えているようです。
マシンに不具合が生じた時の修理を考えると、少し厄介な気もしてしまいますし、私のように古い人間からすると、「コーヒーマシンはぜいたく品!」という印象もあります。
しかし、オフィスで導入するケースでは、コーヒーを作る手間が省けますし、そのことによって社員が本来の業務に集中できるという確かなメリットもあります。
朝、コーヒーを作るのは仕方がないとしても、コーヒーがなくなった時に再度作るのは、気持ち的にもかなり億劫なものです。
また、最後の方はコーヒーが煮詰まってしまいまずくなる、なんてこともありますね。
その点、コーヒーマシンがあれば、いつでも美味しいコーヒーを飲むことができます。
雨の中、コーヒーショップに買いに行く、なんていう手間も省けますね。
一方、喫茶店や飲食店でもコーヒーマシンを導入しているケースは少なくなく、その使用頻度も格段に多いことから、修理をする機会もおのずと多いと考えられます。

どのくらいする?コーヒーマシンの修理費

では、コーヒーマシンの修理には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
それは、マシンの種類によって大きく異なるようです。
コーヒーマシンは、大きく家庭用と業務用に分けられます。
この明確な線引きは微妙なところかもしれませんが、一般的には家庭用の方がオフィス用に比べて小型で、かつ、パワーも弱い、従って、値段も安い、という感じのようです。
また、業務用の場合には、万が一壊れた時のための代替機が用意されている、専用のコールセンターが用意されている、などのサポートが付いているケースも少なくないようです。
そして、購入してから1年間くらいは保証期間になっていて、この期間内ならマシンが不具合になっても無料で修理してくれる、というケースが多いようです。
ただ、保証期間が過ぎると、修理費は意外とかかります。
家庭用では1万円位、業務用ではマシンの価格によってもかなり違いますが、中には20万円近くかかるケースもあるようです。
コーヒーマシンの修理は業者に任せる
コーヒーマシンの修理を避けるためには、なるべく日ごろからこまめにお手入れをしておくことが大切なのかもしれません。


This entry was written by addminz, filed under 未分類.
Bookmark the permalink or follow any comments here with the RSS feed for this post.
Both comments and trackbacks are currently closed.